中性脂肪 下げる サプリメント

MENU

中性脂肪を下げるにはどうしたら良いか

中性脂肪を下げる作用のある成分や食べ物
ビタミンE

体内の脂質の酸化を抑制することができます。生活習慣病の予防ができるので、中性脂肪を低下させることも出来るでしょう。ビタミンEが含まれる食べ物は、アーモンド、植物油、ひまわりの種に多く含有しています。

クロム

血液中に存在している、ミネラル類です。糖質や脂質の代謝を補助してくれるので、とても心強い成分です。クロムが含まれる食べ物は、ブロッコリー、ハム、ビール酵母などです。

アスタキサンチン

ビタミンEをはるかに凌ぐ、抗酸化作用を持っています。健康と美容に効果を発揮してくれます。アスタキサンチンを含む食べ物は、鮭、いくら、かになどです。

黒酢

黒酢にはアミノ酸が豊富に含まれています。クエン酸、ビタミン、ミネラルも豊富です。血液がサラサラになるので、中性脂肪を低下させてくれます。

ヨウ素

ミネラルの1種です。エネルギーを作る働きや、体温や呼吸の調整をしてくれる重要な成分です。ヨウ素を含む食べ物は、ロブスター、えび、牡蠣、牛乳などです。

ギャバ

アミノ酸の1種です。脳の活性化にとても貢献してくれます。内臓活動を活発化させて、消費エネルギーをあげてくれます。ギャバを含む食べ物は、チョコレート、発芽玄米などです。

昆布

ミネラルがたくさん含まれています。食物繊維もたくさん含有されています。昆布に中性脂肪を下げる効果があるという研究結果もあります。その中でも、とろろ昆布は、かなりおススメのようです。

たまねぎ

血液をサラサラにしてくれるので、中性脂肪を低下させることもできます。ケルセチンという成分が脂肪を体の外に追い出すことができるので、タマネギは万能なのです。

きのこ

低カロリーなきのこですが、中性脂肪も低下させますので、ダイエットにもってこいです。きのこには、不溶性食物繊維という成分がたくさん入っています。この成分が腸内の糖質吸収を抑制してくれる働きをします。

青魚

悪玉コレステロールを減らしてくれる効果があります。最適な青魚の調理法は、蒸すことです。煮てしまうと、大事な成分の多価不飽和脂肪酸が流れていってしまいます。焼き魚もおススメはできませんね。

 

薬・サプリの成分で中性脂肪を下げる
フィブラート系

血液中の中性脂肪とコレステロールを減らすための働きを持つ薬物になります。

ニコチン系

体内に蓄積された中性脂肪を分解してくれる働きをします。

EPA系

不飽和脂肪酸を配合した薬物です。中性脂肪の合成を緩やかにすることができます。

 

 

中性脂肪の数値改善に効果のあるサプリはTOPページのランキングでご紹介しています。
⇒ TOPページ 中性脂肪サプリメントランキングへ 

 

お風呂で中性脂肪を下げる

湯船に浸かることで、中性脂肪を下げる効果が期待できます。血行促進の効果をもたらしてくれるのが、湯船に浸かった時の水圧です。血管を収縮させてくれるので、血行がよくなります。浮力を利用して、体が軽くなるので、体内の筋肉がリラックスします。その結果、疲労回復に繋がります。温熱効果をうけることで、新陳代謝が良くなります。これらの効果を期待して、入浴で中性脂肪を下げてみましょう。

 

中性脂肪を下げる為に入浴するとなれば、お湯の温度は、37〜39度あたりが良いでしょう。そして半身浴が出来れば上出来です。心臓に負担がかからないので、副交感神経も活発になります。