中性脂肪 下げる サプリメント

MENU

中性脂肪の正常範囲

中性脂肪の基準値とは

中性脂肪というのは、人間の体には必ずあるものです。その量というのは、人それぞれですが、健康に害のない範囲というのがあります。それを基準値と言いますが、一般的に正常だと言われる基準値というのは、意外と幅広く設定されています。
中性脂肪の基準値は、50〜149mg/dl
になります。血液検査をした時に、この値の範囲内であれば、中性脂肪が体に悪影響を与える事はないと考えられています。

 

健康診断をした時には、中性脂肪と記されていることもありますし、【トリグラセライド】【TG】などと表記されていることもあります。例え基準値の中に入っていたとしても、145などの数値が出た人は、もう少しで基準値をオーバーする可能性があるので、注意をしていかなければいけません。

 

中性脂肪の基準値を上回ってしまった場合も考えてみましょう。150mg/dl以上の数値が出た場合は、【脂質異常症】という診断名になります。脂質異常症になった場合には、医師の指示にしたがって、生活習慣を見直してみることが必要になってきます。あまりにもオーバーしすぎている場合には、サプリメントや薬で治療をする場合もあります。

 

逆に、中性脂肪の数値が、基準値を下回っていた場合も、決して良いわけではありません。下回ってしまった場合は、体内のエネルギー不足ということになります。抵抗力がなくなってきますので、病気にかかりやすくなります。どちらにせよ、基準値以外になっている人は、要注意です。

 

中性脂肪の原因

中性脂肪が高い原因
食生活のバランスが悪い

最近は和食よりも洋食という人が、とても多いのではないでしょうか。欧米化の食文化になってきたということもあり、脂肪分をたくさん摂取するようになっています。肉類や脂ものを好んで食べすぎていると、中性脂肪が蓄積されてしまいます。野菜をたくさん摂取するなど、食生活を見直してみる事が重要です。

アルコールの摂取量

中性脂肪というのは、アルコールと大きく関わってきます。アルコールが大好きな人、毎日のようにアルコールを摂取している人は、中性脂肪が高くなっていきます。アルコールが肝臓で、分解される際に、中性脂肪が合成されて、活発化します。すると中性脂肪が増加してしまうという結果に繋がるのです。アルコールも適量ならば、体に良い場合もありますが、過剰摂取は避けて下さい。

運動不足

中性脂肪は、摂取エネルギーを1日の活動の中で消費しきれない分が、蓄積されていくことで、増えていきます。従って、運動をしない人は、体を動かさないので、消費カロリーがとても低いのです。摂取カロリーと同じように消費していかなければ、中性脂肪は増える一方なのです。

中性脂肪が低い原因
遺伝・体質

遺伝や体質が原因になっていることがあります。中性脂肪は低めですが、健康的に考えて、さほど悪影響はないものになります。しかし体調不良が続くなど、不調を感じたら、医師に相談してみましょう。

無謀なダイエット

女性というのは、やりすぎというくらいに、無茶なダイエットをします。このような場合には、体に大きな負担がかかります。食事を全くとらない人もいるでしょう。そんな時には、体内のエネルギーが不足してしまい、中性脂肪が減少していきます。

病気

甲状腺機能亢進症、肝臓病になると、中性脂肪が低下していきます。もしも、急に中性脂肪が減ったという時には、病気の可能性も考えられます。しかし定期的な検査をしておかなければ、発見できないことがあるので、血液検査は受けておいて損はないでしょう。