中性脂肪 下げる サプリメント

MENU

中性脂肪の数値が高い!自覚症状無し!

中性脂肪の自覚症状

実は血液検査をして中性脂肪の数値が高いということに、初めて気が付くという人がほとんどです。自覚症状がないので、検査をしない人は、いつの間にかすごい中性脂肪の数値になっているかもしれません。何年間も血液検査をしていないという人は、要注意です。はっきりとした自覚症状がないので、動脈硬化になっていたという人もいます。
中性脂肪が高いということを、あまり問題視しない人もいますが、実際には、かなり危険な問題なのです。基準値を超えた人は、「脂質異常症」という病名が与えられるものなのです。脂質異常症では、心筋梗塞や脳梗塞、糖尿病などの危険性があります。万が一のことがあると、死に至る可能性もあるのです。

 

つまり、自覚症状のない中性脂肪の上昇を放置しておくと、最悪の場合、死んでしまう可能性もあるということです。何年も検査を受けていない人や、生活習慣に問題があるかも?と思い当たる人は、中性脂肪の数値を知る事をおすすめします。

 

中性脂肪は痩せていても上昇する

脂肪という言葉が入っているので、中性脂肪は肥満の人限定だと思っていませんか?中性脂肪というのは、見た目では分かりにくいのです。見た目よりも食生活が関わってきます。揚げ物が好きで、よく食べる人、満腹感を感じるまで食べる人、お酒をたくさん飲む人。洋菓子や甘いものが大好きな人、炭水化物が好きでよく食べる人。これらに当てはまる場合には、例え痩せていても中性脂肪の数値は、基準値を超えていることがあります。

 

もちろん肥満になったことで、中性脂肪が上昇したことに気づけるということもありますが、痩せていても注意が必要です。痩せていると、食生活が乱れていても、病気になっているという感覚がありません。中性脂肪が増えているなんて、太らない限り気づかないでしょう。血液検査中性脂肪の数値は知る事が出来ますので、不規則な生活や食生活を送っている人は、体型に関係なく検査をしてみましょう。