中性脂肪 下げる サプリメント

MENU

中性脂肪の実態

中性脂肪とは

中性脂肪が作られるのは、肝臓です。炭水化物やアルコールや脂ものをたくさん摂取すると、皮下脂肪の主成分になります。中性脂肪というのは、過剰に体内に入り込むことで、健康に害を与えていきます。しかし適度に摂取するのは、エネルギー源にもなりますので、必要な事です。

 

体を動かすときに使われる成分が、ブドウ糖です。ブドウ糖はとても大切なエネルギー源になっています。しかしブドウ糖が不足してしまうことがあります。そんな時には、中性脂肪がもっている貯蔵庫から脂肪が分解されて、体へ供給されます。このように、体内に中性脂肪があることは、必要なことではあります。それでも過剰に中性脂肪があるという状態は、良いとは言えません。
中性脂肪は増えていくことで、動脈硬化を引き起こす原因になります。最悪の場合には、命に係わることにもなります。従って、中性脂肪の状態を知る為には、病院で定期的に血液検査をしてもらうしかありません。

 

中性脂肪を減らそうと考えて、油ものを控えてみるというのは、あまり予防になりません。食生活そのものを、見直さなければいけないのです。単に油を抜くというだけではダメなのです。健康維持を願うのであれば、中性脂肪を増やさないように、バランスの良い食生活を送るようにしましょう。

中性脂肪の役目とは

中性脂肪には、体内の動きを止めないための作用があります。人間の体は、常に体内で様々なものが働いているのです。しかし食事などの栄養が途切れると、体内の活動も鈍くなってきます。そこで、中性脂肪が遊離脂肪酸という物質に分解されて、血液中に放出されます。遊離脂肪酸は血液を使い、流れに乗って全身に巡っていきます。これで体の活動がストップしないようになるのです。

 

このように、とても大切な役目を持っているのが、中性脂肪なのです。中性脂肪の値が高すぎてもいけませんが、中性脂肪が低すぎても問題です。中性脂肪をバランスのよい状態に保つことができれば、健康体になったということです。上手に中性脂肪を調整して、生活できるようになると完璧です。

中性脂肪が高くなる原因

中性脂肪が高い原因は、いくつかあります。遺伝によるもの、肥満によるもの、治療をしていない糖尿病がある、食事内容。このような原因があるといわれています。
そして、最も大きな原因になっていると言われているのは、食事内容です。白米やパン、菓子パン、クッキーや炭酸飲料などが好きな人は、要注意です。急激な血糖値の上昇を引き起こしますので、これらの食べ物をたくさん食べる人は、すい臓にダメージを与えている可能性があります。
内臓の機能は弱まっていき、体に不要な炭水化物がそのままの状態で体内に残り、中性脂肪に変わっていきます。このようなことを防ぐためにも、食事にはとにかく注意をして生活をしていきましょう。