中性脂肪 下げる サプリメント

MENU

中性脂肪にアルコールとストレスが関係する

中性脂肪とアルコール

アルコールと言うのは体内に入ることで、肝臓に運ばれていきます。肝臓ではアルコールを分解し、代謝して体の外に出していきます。体の外に出したらそれで良いという事ではありません。肝臓で行われる分解には中性脂肪が合成されているのです。
つまり分解するときに出てきた中性脂肪は丸1日かけて各器官にはこばれていきます。常にアルコールを摂取している場合には、肝臓へ負担がかかりますよね?するとアルコールの分解もしにくくなりますし、中性脂肪も運ばれにくくなるのです。アルコールは、適度に摂取するのであれば、血行促進になり、健康に良いとされる効果もあります。しかし摂取量を間違えると、体に害を与えるものに変わってしまいます。

 

アルコールを過剰に摂取すると、中性脂肪も体内に溜まってしまうということです。単に肥満だからとか、メタボだから、という理由で中性脂肪が溜まるわけではないのです。

 

中性脂肪とストレス

みなさんは、ストレスを感じていますか?ストレスの感じ方は人それぞれなので、うまくかわしている人もいるでしょう。同じような事柄があったとしても、全く気にせずにすぐに忘れてしまうような人もいれば、夜も眠れないくらい、気になってしまう人もいす。やはり、適度にストレスを交わしていけるように、なる事が望ましいと言えます。
それはなぜか?といいますと、ストレスが中性脂肪に大きく関わってくるからです。精神的な問題ということだけではなく、ストレスは体調不良を引き起こします。ストレスが原因で、ホルモンバランスが崩れ、中性脂肪が不要に体内を巡りだすことがあります。すると、肝臓では血液中に流れ出た中性脂肪の代わりを合成しだして、またもや血液中に流れ出ていく・・。このようなサイクルを繰り返してしまうのです。すると、中性脂肪の数値はどんどん高くなっていきます。

 

中性脂肪が増えるという事は、悪玉コレステロールが増えていくということですので、肥満にもなりやすくなります。ストレスの発散が出来ないという人は、要注意が必要な問題なのです。ストレスの発散方法が分らないという場合には、自分の食事や睡眠や運動といったことで、質の良い生活を送るようにしてみましょう。すこしでも緩和できると、体への影響も少なくすみます。