中性脂肪 下げる サプリメント

MENU

中性脂肪とコレステロールは別物?

中性脂肪とコレステロール

中性脂肪とコレステロールは、どちらも脂肪の仲間になります。しかし中性脂肪とコレステロールでは、その役目が違います。
中性脂肪は体内のエネルギー貯蔵庫となっており、ブドウ糖が無くなった場合や、運動中に使われる脂肪になります。コレステロールは、体内の細胞膜やホルモンの元になるエネルギーになります。

 

中性脂肪は運動時に使われるので、運動をすると燃焼されますが、コレステロールは、運動でも燃焼されません。従って、コレステロールを減らすというのは、中性脂肪を減らすよりも大変なのです。

 

コレステロールは善玉、悪玉の2種のコレステロールがあります。バランスよく協力しあうことで、体を調整しています。しかし悪玉コレステロールが増える事で、バランスが崩れてしまい、体調に変化があらわれてしまいます。悪玉コレステロールは、中性脂肪が増えると同時に、おなじように増えてしまいます。つまり、中性脂肪と悪玉コレステロールは、比例しているということです。
バランスのとれた食生活を送り、適度な運動をして、アルコールを控えると、中性脂肪は減少していきます。悪玉コレステロールを増やさないためにも、中性脂肪の数値には十分に注意していくことが必要になります。生活習慣をすぐに改善するのは、難しいことですが、やればできる事でもあります。少しずつでいいので、中性脂肪のサプなどで生活リズムを整えていきましょう。

 

善玉と悪玉の違い

コレステロールには善玉と悪玉があると紹介いたしました。それでは、それぞれのコレステロールについて、少し詳しく説明していきましょう。

 

【善玉コレステロール】
善玉コレステロールは、HDLと呼ばれています。体内の不要なコレステロールを収集しており、肝臓に運んでいきます。血管の壁についているコレステロールも回収していきますので、動脈硬化を予防する作用があります。
善玉コレステロールの働きによって、不要なコレステロールが体内から除去されるので、健康維持に役立っていると言えます。悪玉コレステロールが血管にこびりついていたとしても、善玉コレステロールがあれば、キチンと回収してくれますので、健康維持ができます。

 

【悪玉コレステロール】
悪玉コレステロールはLDLとよばれています。悪玉コレステロールは、血液に馴染むような仕組みになっています。しかし悪玉コレステロールが増えると、血液中に溜まっていってしまいます。そうなると、血管の壁にこびりついてしまい、動脈硬化の原因となってしまいます。血管が細くなってしまうので、体にもかなり負担がかかります。

 

 

悪玉コレステロールを増やさないためには、食べ物に注意する事です。食べ過ぎは本当によくありません。どんどん悪玉コレステロールが増えていきます。食べる量を減らすなど、調整をしていくことで、コレステロールの数値をおさえる事ができます。腹八分目というのは、体に負担をかけない為にも、必要なことなのです。食事には十分に気を付けていきましょう。