中性脂肪 下げる サプリメント

MENU

コレステロールの実態

コレステロールとは?

私たちの生活の中で、よく耳にする「コレステロール」という言葉。しかしどれだけの人が、コレステロールについて詳しく把握しているでしょうか?間違った知識を持っている人もいるかもしれません。そこで、コレステロールについて、詳しく紹介していきたいと思います。どのような実態があるのか、ここで確認してみましょう。

 

コレステロールというのは、タンパク質、炭水化物と並び、3大栄養素の1種なのです。つまり、コレステロール自体は悪いものではないのです。本来は、とても大切な働きをしてくれるのが、コレステロールです。細胞膜の成分、ステロイドホルモン、ビタミンDといった成分の材料になるのが、コレステロールです。
しかし、コレステロールは血液中で急増することがあります。血液の中でコレステロールが増える事によって、動脈硬化を引き起こしてしまうことになりかねません。さらに心筋梗塞や脳梗塞を引き起こす可能性もあります。
コレステロールが増えるというのは、生活習慣が正常な状態ではないという事が、原因になっています。コレステロールを増やしすぎないために、不摂生な生活を改善する必要があります。

 

コレステロールには2つの種類があります。善玉コレステロールと悪玉コレステロールの2つです。
善玉コレステロールは、HDLコレステロールと呼ばれています。血液の中にある不必要なコレステロールを収集して、肝臓へ運搬していく働きをします。
悪玉コレステロールは、LDLコレステロールと呼ばれています。全身にコレステロールを運搬する働きがあります。

 

このようにみていくと、悪玉コレステロールが、悪さをするということではないのです。善玉と悪玉が協力することで、体が機能していくのです。しかしコレステロール値の高い食生活を送っていると、善玉コレステロールが不必要なコレステロールを運搬できなくなります。収集が間に合わなくなるのです。悪玉コレステロールは、その間もどんどん体全体に、コレステロールを運搬します。このような状態になることで、病気になる確率が増えてしまうのです。

 

コレステロールの正常範囲を知ろう

血液検査でコレステロールの数値を見る事ができます。コレステロールの正常な基準値と言われている範囲を紹介していきましょう。

 

総コレステロール
   HDL・LDLを合わせた数値 基準値→130〜220mg/dl
HDLコレステロール
   基準値→40mg
   (基準値を下回る数値になると、悪玉コレステロールが悪影響を及ぼします)
LDLコレステロール
   基準値→60〜139mg/dl
   (基準値を上回っていくと、動脈硬化などの原因になります)

 

このように、善玉コレステロールと悪玉コレステロールが常にバランスを保っていると、病気にならない体になれるということです。